蒼風学園



あいさつ
塾長の上村浩二です。
「小さなころは身体の成長のことを考えてればよい。早くから勉強ばかりだと可哀想だ。」
塾の仕事に携わっていると、こういった事をよく尋ねられます。
私もこのような意見には、ある意味賛成です。
身体の成長は大切ですし、スポーツなどでその子の素晴らしい素質が花開くこともあるでしょう。
ただこれは裏を返せばこんな意見にもなります。
「受験直前までは、スポーツをしたり、遊んでてもいいけど、受験になったら勉強を中心にしなさい。」
極論かもしれませんが、このようなことを子どもに要求するほうが可哀想だと思います。
受験まではのびのびやってた子どもに、受験だから勉強しなさいといっても急に対応できません。
小さなころから勉強に対する習慣付けができていないと、受験(に限らず、その子の今後の人生における試練)を乗り越えることは出来ないでしょう。
蒼風学園では、その大切な「勉強の習慣付け」のお手伝いをさせていただきたいと思っています。
学園方針
当学園は玉名高校を始め、公立高等学校及び有名私立高等学校へ
合格するための指導を行う、学習進学塾です。

■専任講師−−−−−−−−−−−−−−−−−−
当学園では、生徒一人ひとりに目の行き届いた授業を行うために、主要科目において、専任講師をおいています。いずれも、受験勉強を熟知したベテランです。
■予習授業−−−−−−−−−−−−−−−−−−
当学園では学校の授業の予習となる授業が基本となっています。授業では、塾専用の教材を使い、それに手作りのプリントを加え、徹底した演習を行います。そのため、学校の授業は復讐つして安心して受けることが出来ます。
■小人数制クラス−−−−−−−−−−−−−
当学園では、生徒一人ひとりを完全に把握するための人数には限度があると考えています。学園の授業のなかで、子供たちが少しでも疑問に思ったときはすぐに質問ができ理解できるような雰囲気を作るのも必要不可欠なことです。そのため、小人数制クラス(小学生16名まで、中学生20名まで)を徹底いたします。
■徹底した定着と個別指導−−−−−−−−−
生徒一人ひとりが、違った顔を持っているように、理解力にも個人差といったものはあります。それに関しても心配する必要はありません。理解が不十分な生徒や苦手な分野がある生徒に対しては、一人ひとりにあった進度で補習を行います。